標準仕様ヴェリーマ

完全自由設計 + 安心 + ECO

既成のパッケージプランではなく、お客さまのご希望や暮らしのイメージなどに合わせて作り上げるフルオーダーメイド住宅。
間取りのレイアウト、デザイン、仕様などの選択・組み合わせも自由に選べます。安心・安全・納得の家づくりをベースに、完全自由設計ならではの「私らしい、家」を叶えます。

選べる耐震構造で、地震に強い家づくり

Image

成建在来軸組工法

日本の木造住宅のうち、約6割以上の住宅がこの工法で建てられています。柱と梁で家屋を構成する木造住宅の代表的工法と言えます。
その特徴は住む人の生活や好みに合わせた部屋の配置・間取りや窓の位置・大きさが比較的自由に設計できる点です。
成建の在来軸組工法は建物をいくつかのブロックの集合体として捉え設計します。各ブロックは強く・ねじれにくいエンジニアリングウッド(E・W)で組み立てられます。
間取りに大きな開口部を取り入れたり、また将来のライフスタイルの変化にも対応できます。

成建2×4枠組工法

通常の木材ではどうしても含水率や年月の経過により、曲がり、そり、ねじれ、割れ、縮みなどが発生し、建築当初の床性能を保つことが難しいが、TJIはこの変化が極端に少ないため、長年にわたり性能を維持することができます。
つまり今までの2×4工法では期待できなかった水平制度も求められるようになりました。
品質・精度にこだわった成建の2×4工法は、多くの実績を誇ります。

Image

安心・安全の最新技術

Image

家族の安心を守る制振システム
MIRAIE

建築基準法にも定められている、近年の新築住宅なら標準的に保持している耐震性能。
建物の強度を上げる地震対策ですが、建物が地震エネルギーを全て受け止めて耐えようとするため、構造躯体へのダメージが大きく、余震や別の地震の際に本来の性能を発揮できない可能性があります。
そこで、地震エネルギーを吸収する最新技術で、建物の揺れを抑制し、構造躯体へのタメージを軽減します。
また、地震対策の一つである、免震システムに比べ低コストで導入できることも魅力です。

熊本地震で観測された2回の本震、1千回以上の余震では、新耐震基準の住宅が壊れる中で、制振システムMIRAIEを搭載した住宅は軽微な損傷に止まりました。 ※2017年2月現在

ECO+(プラス)災害時の万が一の備え

Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)

近未来の次世代住宅に柔軟な対応

政府が2030年までに全ての住まいに設置を目指している「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」、通称「HEMS」。
家庭で使うエネルギーを効率よく節約するための管理システム。電気やガスの使用料をモニター画面を使って「見える化」する為の機器ですが、この装置を建築時に設置しておくことで、将来的に、大きな節電と節約が出来ます。
また、独自のエネルギーを制御するシステムで、停電が起こってしまっても、太陽光・蓄電池・HV車からエネルギーを切り替える事が出来て、家庭内に電気供給出来ます。節電を快適にします。

エネファーム

家庭用燃料電池「エネファーム」はガスを使って発電するので、停電時でもエネルギー供給が可能です。
また、発電時に発生する熱を利用して、給湯を可能にするので、お風呂にはもちろん、床暖房などへのエネルギー供給も可能にします。
さらに太陽光を備えていれば、ダブルで発電が可能なので、電気代の節約にも繋がり、自然環境にも配慮したエネルギーはECOでありながらも、万が一の備えにも役立ちます。

Image

オプションサービス

家族の安心を守るセキュリティーシステム
東急セキュリティー

Image

サービスエリアを東急線沿線の20市区に限定。だから地域密着のきめ細やかなサービスを提供しており、半径約2.5kmに1ヵ所の割合で警備員待機所を設置し、スピーディーな対応が特徴です。
警備機器についても、宅内で持ち運びが可能なコンパクトな設計となっており、ご新築の美観も損ないません。

また、万が一警備システムをかけ忘れてしまっても、外出先から携帯電話でご自宅の警備システムをセットすることができます。
異常発生時には、お客様宅のインターネット回線または電話回線を通じて、東急セキュリティの管制センターに自動で信号を送信。管制センターで様々な状況を判断し、最寄りの待機所より警備員がお客様宅へ急行し、必要に応じて、警察・消防・ガス会社などと連携し、迅速で適切な対応で24時間365日、お客様宅を見守ります。

このサービスは弊社からの申し込みでお得にご利用できますので、ぜひご活用ください。

最新の施工事例